上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は子供二人を連れて近辺をサイクリング。
爽やかな風が心地よく・・・と書きたかったところだが、
南国・薩摩の日差しを浴びながら、汗だくになりながらのサイクリング。


こんなところに龍馬とおりょうが!!知らなかった・・・。
灯台下暗しとはまさにこのこと。

zusho-hirosato.jpg
こちらは調所広郷像。
財政危機に陥っていた薩摩藩を、財政改革により救った人物。
この人の財政改革により、幕末の薩摩藩は雄藩としての存在感を発揮することが
できたという隠れた倒幕の立役者。
長州藩にも財政改革を成功させ、幕末の長州藩を長州藩たらしめた村田清風という人物がいますが、
「調所広郷」と「村田清風」、この二人こそが明治維新、影の立役者と言えるのかもしれません。

tenpozan-hodai.jpg
薩英戦争のときに砲撃の口火を切ったとされる天保山砲台跡。
今は、当時の面影はほとんどなくひっそりと碑があるだけ。
薩英戦争は、薩摩藩が外国の力を思い知り、
攘夷から方針転換をすることになる重要な出来事。

スポンサーサイト
2008.07.20 篤姫の御守り

仙巌園(磯庭園)に行ってきました。
磯庭園は島津家代々の殿様が使用した築庭350年の歴史がある別邸と庭園です。
素晴らしい晴天で、磯庭園の従業員の方が
「桜島の山容がこんなにきれいに見えるのは一年でもそうはありません」と言っていたほど。
時間のあるときに、たま~に行くとやはり素晴らしい別邸&庭園です。
上は庭園から撮影した桜島!

shou-ijinkan.jpg
こちらは磯庭園のすぐ近くにある旧鹿児島紡績所技師館(異人館)。
異人館は、英国の技師達の宿泊施設として造ったもので、紡績工場とともに先進地薩摩のシンボルとして存在したものだそうです。現在は国の重要文化財に指定されているとのこと。
「建築美」とはこのようなことを言うのでしょうか。
「和」も良いですが「洋」的なものも、なかなかどうしてナカナカです。

shou-atuhime-omamori.jpg
そんでもって、お土産はコレ!
大河ドラマ「篤姫」にはまっている人ならば垂涎の品!?
劇中に出てくるあの御守りです。仙巌園でしか売っていない代物です。
(庭園内にある「御庭神社」の御守り)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。