上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.09.28 生老病死
実家の愛犬が死にました。

親戚の家で生まれてすぐに貰ってきたメスの雑種。
16才8か月でした。人間の年齢にしたら90歳くらい。

最後はぼろぼろになって見るに堪えない姿で、
早く楽にさせてあげたいと思ったりもしましたが
最期まで頑張ってくれました。

シルバーウィークで帰省して
一応の今生の別れをしてから5日後の死。
今回帰省していて本当に良かった。

生老病死。
生命力に溢れる1歳くらいの時の写真と
生を終えた姿を写真で見ると、その当たり前のことを思わずにはいられません。

覚悟はしていましたが、実際に死んでしまうとこんなに悲しいとは。

本当にお疲れ様。合掌。




chiro-2_20090928211356.jpg

chiro-3_20090928211403.jpg

スポンサーサイト
シルバーウィークを利用して、茨城県・水戸に行ってきました。
行った場所は、弘道館、偕楽園、筑波山神社です。

水戸藩は幕末から明治に向かう過程で大きな流れを作り出した藩です。
大老・井伊直弼を殺した桜田門外の変は、水戸藩浪士が中心となって起こしたもの。
水戸学の学者・藤田東湖は、吉田松陰や橋本左内など幕末志士たちに多大な影響を
与えた人物です。

また、尊王攘夷思想の源流とも言える「水戸学」自体が、
吉田松陰や橋本左内、西郷隆盛ら多くの幕末志士に多大な影響を与え、
明治維新の原動力となった思想・学問でもあります。

その水戸学の総本山とも言えるのが水戸藩校「弘道館」なのです。


弘道館内にある「尊攘」と大書された掛け軸。


弘道館の現存する建物部分は、国の重要文化財にも指定されている。
koudoukan2.jpg

弘道館の畳の縁は徳川葵の御紋!
koudoukan3.jpg

吉田松陰や橋本左内など幕末志士に多大な影響を与えた水戸学の大家・藤田東湖。
東湖の父は水戸学中興の祖・藤田幽谷。
koudoukan5.jpg

筑波山神社にある藤田東湖の四男・藤田小四郎の銅像。
小四郎は天狗党の首領として筑波山にて挙兵(天狗党の乱)。
後、鎮圧され処刑された。
koudoukan7.jpg



最近は、機械式時計がもう一本欲しくて
寝ても覚めても時計の事ばかり考えていました。

複数の時計雑誌を乱読し、機械式時計に関する本も購入。
表面的に一通り機械式時計を勉強したうえで、やっぱり次もGSだ、いやどうせ買うならゼニスだ、
比較的廉価で機械式を見て楽しめるフレデリックコンスタントにしようか・・・。

時計雑誌を見ていると一般的に正常といえるであろうレベルの金銭感覚が麻痺してきます。
今考えると身の丈に合わないことを真剣に考えていました。
(ブログを見た心ある友人からは罵倒&諭されたりもしましたが、その日は改心したものの・・・)

・・・が、ようやく落ち着きました。
というのも、廉価で品の良いアンティーク時計を購入したからです。

「セイコー ロードマチック デラックス」
機械式からクォーツに主流が移り変わる時代の節目にわずかの期間生産されたという
1977年製の機械式時計です。 自分とほぼ同じ歴史を刻んできた時計に大いに魅かれました。

当時、ロードマチックはキングセイコーといった高級機に次ぐ準高級機でしたが、
ロードマチックデラックスのムーブは8振動、Cal.5626を搭載。キングセイコーと同じキャリバーとのこと。
防水、メンテに気をつければGSのサブとして今でも十分実用使い出来そうです。

そして、なんといってもこの文字盤。
さりげないローマン体と、粉雪のようなざら目の文字盤がVERY GOODです!

そしてそして、メイドインジャパン、セイコーの時計であること。
セイコーの製品・歴史には、日本人のドラマが凝縮されていると思います。


EGC部長、許して下さい。もう時計は買いません。
パンピーには危険な趣味に没入するところでしたが
寸前のところから無事帰還致しました!




lm77.jpg


知らぬ間にいつの間にか公開されていたのですね。
来年の大河ドラマ「龍馬伝」のポスター。
知らなかった・・・。

それにしても、カッコよすぎる。

来年は龍馬の女性ファンがさらに増えそうです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。