上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゼニスのクロノマスター Tオープン(ブラウン)を手に入れてしまいました。

ゼニスは、薩長同盟締結の前年である1865年に創業したスイスの老舗マニファクチュール。

毎時36,000振動のハイビートを誇る名ムーブ「エルプリメロ」を搭載したこのモデルは
テンプの動きを時計の表から見ることが出来る素敵なデザインです。

ずっと見ていても飽きません。


GSと龍馬G-SHOCKと共に併用していきます!
my-gs.jpg


スポンサーサイト
昨日は肥後国の遊園地・三井グリーンランドに遠征してきました。

地方の遊園地ということでなめていたのですが、行ってビックリ。
やけに広く、やけにアトラクションの数も多く、アトラクション自体も絶叫系を中心に面白い!
子供も楽しめるアトラクションも多数あり、昼の12時頃に着いた私たちは
一日ではとても回りきれませんでした。

帰った後ウィキペディアで調べてみると、『世界最大級の大観覧車「レインボー」(高さ105m)など全部で89機種のアトラクションがあり、日本一のアトラクション数を誇る。吊り下げ式の「NIO」、九州最長の「GAO」、「ウルトラツイスター・メガトン」、立ち乗り座り乗り並走の「天の川コースター MILKYWAY」など、ジェットコースターの数が10機種あり、こちらも現在日本一である。総面積300万m²の広大な敷地に遊園地、ゴルフ場、ホテルを併設している』とのこと。

なるほど、実は凄い遊園地だったみたいです。
久々に童心に帰り、楽しかった~。


やたら大きい観覧車からの一枚。写真に写っていない反対側と右奥にもアトラクションがたくさん。
スタッフの人曰く、この日は人が少なかったようで人もまばら。次々と乗ることができました。


腕、突っ張ってます!
greenland3.jpg

地方遊園地の夕暮れ。この寂しい感じが何とも言えず良い感じです。
greenland5.jpg

子供たちを連れ出し、ちょっとした史跡めぐりに行ってきました。

まずは「有馬新七生誕の地碑」。
薩摩藩の内紛である「寺田屋事件」で「おいごと、刺せ!」と絶叫した人物。
我ながら、全く本質をついていない説明・・・。興味のある方は「有馬新七」で調べて下さい。
従来の場所から移設されたとのこと。


そして、有馬新七生誕の地碑のはす向かいにあるのが、「平野國臣歌碑」。
有名な?「我が胸の燃ゆる思いにくらぶれば 煙は薄し桜島山」の歌碑です。
勤皇の志が低い薩摩藩を皮肉った歌とも言われています。
ijyunin2.jpg

早稲田大学の第2校歌(?)にも一節がでてくるとのこと。
もちろん、平野國臣のオリジナルですが、
早大出の友人は、平野國臣の歌だと知って驚いていました。
ijyunin3.jpg

続いて近くにある一宇治城跡(城山公園)へ。
一宇治城は一時島津宗家の居城となった山城です。
ijyunin8.jpg

広大な山城の城跡は子供たちにとってワンダーランド。カマキリ発見!
公園としてかなり整備されていますが、当時の地形をそのまま利用した造りになっています。
ijyuin5.jpg

一宇治城跡から桜島を望む。
ijyuin7.jpg


島津家17代当主にして関ヶ原合戦の「島津の退き口」で有名な
島津義弘が初陣を飾った岩剣城の戦い。
(鉄砲が初めて実戦使用されたという戦いでもあります)

その後、義弘は岩剣城の城番となり、岩剣城の麓に居館(平松城)を構えた
という島津義弘に縁の深い城跡です。

そんな岩剣城跡に登ってきました!

これが岩剣城跡!天然の要害の地に立てられた山城です。
山容を見ると無事帰ってこれるかちょっと心配・・・。

ここが登山道の入口とも言うべき「大手入口」。
iwa2.jpg
道なき道を行く!
iwa3.jpg
一応人の手は入っているものの、ほとんど誰も来ないのでしょう。
登るルートのいたるところにクモの巣が!頭や手に引っ掛かって、たまらん!
iwa30.jpg
急な登り道にはロープがありました。よいしょ、よいしょ。
iwa5.jpg
緑の林を抜けると次は竹林が出てきました。荒れてます。
iwa7.jpg
発見!当時の石垣でしょう。
iwa8.jpg
ここにも石垣発見!
iwa10.jpg
ちょっと迷いましたが平らな場所にやっと到着!ここが主郭部でしょうか。
iwa12.jpg
反対方向にも道が続いているので行ってみると・・・。上画像の場所は主郭部ではなかったようです。
iwa20.jpg
一番高い見晴らしの良い場所に到着!!
なんだかんだで1時間近くかかってしまいました。
iwa15.jpg
結構な高度感です。城下を一望!!
もちろん誰もいません・・・。
iwa17.jpg
後ろを振り向くとここにも大きなクモが!
ルート上の多数のクモの巣を壊してしまいました。クモさん御免なさい。
iwa28.jpg
帰りは一人を抱っこして&ダッシュして無事下山。
ちっちゃなスリルもあり、なかなか楽しかったです。
ありがとう、岩剣城!
iwa22.jpg

※後日、岩剣城跡の画像は「島津義弘.com」にもUP予定です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。