FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂本龍馬を巡る旅、最終章(仮)!

龍馬がお龍と新婚旅行で登り、天の逆鉾を引き抜いたという霊峰・高千穂峰
(龍馬は姉・乙女への手紙に図解入りで高千穂峰登山の過程を詳しく説明している)

ついに行ってきました!!

takachiho1.jpg


「一個人」最新号の特集は「坂本龍馬を巡る旅」。
ということで、雑誌「一個人」を持って、龍馬G-SHOCKを腕に巻き、
中岡慎太郎タオルを頭に巻き、薩長同盟Tシャツを身にまとい、
海援隊ストラップを携帯につけ、いざ出発!

まずは、龍馬&お龍も訪れた霧島神宮で登山安全祈願。
takachiho3.jpg

高千穂河原から石畳で舗装された登山道を歩き、いよいよ高千穂峰登山開始。
写真右端のオジサンも、やる気満々(たぶん)!さぁ、自分もいくぞ!
takachiho5.jpg

き、きつい・・・。
takachiho21.jpg

ガレ場の急坂を悪戦苦闘して登り、火口である「御鉢」へ到着。
takachiho777.jpg

稜線沿いを歩くが、高度感があり、けっこう怖い。
takachiho2.jpg

奥に見えるのが高千穂峰。
takachiho7777.jpg

御鉢の周辺には「ミヤマキリシマ」がきれいに咲いていた。
takachihho6.jpg

1900年代にも噴火を起こしたという火口。
takachiho8.jpg

御鉢の稜線沿い「馬の背」を歩き終えると、もうひとつ山が・・・。いよいよ高千穂峰へ!
takachihop0.jpg

高千穂峰登山中から振り返ってみた「御鉢」。
takachiho7.jpg

やっと到着~!あれが天の逆鉾だ!
takachiho9.jpg

天孫降臨の地!高千穂峰頂上へ、ついにキター!
takachihho9.jpg

さっそく天の逆鉾を参拝。
takachihho10.jpg

天の逆鉾。龍馬の手紙に書いてあるとおり、本当に天狗の顔をしている。
takachihho11.jpg

下山は来た道を戻るのみ!安全第一!
takachiho77.jpg

下山後は、霧島温泉郷の温泉にどっぷり浸かってキレイさっぱり。
帰りに塩浸温泉の「龍馬&お龍像」へ挨拶して無事帰宅!
takachiho10.jpg

任務完了!!!疲れた~。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。