FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供を連れて散歩に出かけてきました。

特に行くあてもないので、何かテーマを設定しようと思い、
「鹿児島市内の銅像めぐり」に決定し、市電と徒歩で巡ってきました。

それぞれ有名どころの銅像なので何度か行っていますが、
未だ写真に収めていなかったので、良い機会になりました。

鹿児島の閉鎖性の象徴!鹿児島中央駅前にある「若き薩摩の群像」。
五代友厚、森有礼、寺島宗則など幕末の薩摩藩英国留学生をモチーフにした17体の銅像です。
薩摩藩英国留学生は全部で19名いましたが、県外出身者の2名はきっちり外されています。
shimadu-ryugakusei.jpg

「大久保利通像」。
西郷さんに比べ、鹿児島県内では著しく人気の低い大久保利通ですが、
近代日本の礎を築いたのはこの人と言っても過言ではない。
銅像も西郷さんよりカッコイイ!
shimadu-okubo.jpg

「西郷隆盛像」
東京上野の西郷像とは違い、鹿児島の銅像は軍服姿なのです。
shimadu-saigou.jpg

「小松帯刀像」
大河ドラマ「篤姫」で一躍有名になった小松帯刀。
大久保と西郷が活躍できたのは、薩摩藩家老であったこの人のおかげ。
shimadu-tatewaki.jpg

「島津斉彬像」
幕末期最大の英主・島津斉彬。祀られている照国神社内にある銅像。
shimadu-nariakira.jpg

今は昔、幕末の薩摩は桜島の噴火のように熱かった!(自宅から撮影)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。