FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿児島県内にある神代三山陵。

先日行った吾平山上陵(鹿屋市)に加え、可愛山陵(薩摩川内市)、
高屋山上陵(霧島市)にも行ってきました。

ここで、覚えたての神代三山陵の主について説明。

●太陽を神格化した神であり、皇室の祖神である天照大御神。(←伊勢神宮が祀る神)
●天照大御神の孫で、高天原から葦原中国(日本の国土)を統治するため
天から降臨を果たしたニニギノミコト。
(↑天孫降臨はこの人の事を指す。高千穂峰に天之逆鉾を突き刺したのもこの方。
初代・神武天皇の曽祖父。)
●ニニギノミコトの子で、神武天皇の祖父にあたるホオリノミコト。
(↑山幸彦と海幸彦の説話に登場し、一般には山幸彦(やまさちひこ)の名で知られる)
●ホオリ(山幸彦)と、海神の娘であるトヨタマビメの子であるウガヤフキアエズ。
(↑神武天皇の父親。ニニギ・ホオリ・ウガヤフキアエズの三代で
日向三代(ひむかさんだい)と呼ばれる。日向は今でいう、鹿児島・宮崎地域のこと)

要は、天照大神(太陽神)→ニニギ(天照大神の孫)→ホオリ(ニニギの子)
→ウガヤフキアエズ(ホオリの子)→初代天皇・神武天皇(ウガヤフキアエズの子)という流れ。


●天照大御神:「伊勢神宮」に祀られている。
●ニニギミコト:皇霊(みたま)は「霧島神宮」に祀られている。陵墓は「可愛山陵」(えのさんりょう)。
●ホオリノミコト:皇霊は「鹿児島神宮」に祀られている。陵墓は「高屋山上陵」。
●ウガヤフキアエズ:皇霊は宮崎県の「鵜戸神宮」に祀られている。陵墓は「吾平山上陵」。

霧島神宮、鹿児島神宮、鵜戸神宮には以前行ったことがあるので、
すべて訪れることができました。

ニニギノミコトの陵墓。


DSC_0057.jpg

ホオリノミコトの陵墓。
DSC_0010.jpg

DSC_0013.jpg

ウガヤフキアエズの陵墓。
SA3D0017.jpg

SA3D0015.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。