上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京大の山中教授がノーベル賞を受賞した。
「日本という国が受賞した」と語る山中教授は、
その語りに想像される人格を含め、まさに日本の誇りだ。

受賞の数日前に送られてきた月刊誌「到知」11月号に
タイムリーにも山中教授と、はやぶさで有名な川口教授の対談記事が載っている。
「人間万事塞翁が馬」人生のある選択が、どこでどう転ぶか本当に分からない。

同誌には、私の好きな作家・宮本輝のインタビュー記事も載っていた。
自分なりに「命の器」を磨いていこうと思う。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://route123.blog67.fc2.com/tb.php/299-67af9458
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。